ヘアカラーについて

こんにちは。倉田です。

サロンや撮影の現場で、多くの女性からいろいろな質問をされます。
新しいヘアケアやメーク製品の評判や、使い方について、それに髪や肌に関するいろいろなお悩みも。

「もっと美しくなりたい「いつまでも美しくいたい」と前向きな女性は本当にステキですね。そんな女性からの質問に答える形で、Q&Aのコーナーを作ることにしました。
長年のサロンワークや撮影の現場で学んだことや、プロだけが知る最新の情報などを盛り込みながら、アドバイスできればと考えております。多くの女性が、いつまでも美しく輝くために。皆さんの役に立てれば僕も幸せです。

 

第1回目となる今回は、ヘアカラーについてです。

Q. 最近、白髪が増えてきてヘアカラーをしたいと思っていますが、もともと敏感肌なので、かゆみや赤みが出ないか心配です。

A.  肌が弱く、頭皮も敏感でヘアカラーやパーマをすると、刺激を感じるという人は結構多いものです。
「白髪は隠したいけれど、カラーするのも心配」という気持ちは、すごくよくわかります。
カラー剤の多くには「ジアミン」という成分が含まれています。この「ジアミン」にアレルギー反応を起こす人はいて、頭皮に発疹が出たり、赤くなったり、かゆみが出たりすることもあります。また、しっかりと染めるための製品には、アルカリ度が高いものが多く、これが頭皮や髪への刺激となり、ダメージの原因になる場合も。
「アンフルラージュ」のお客様でも、“アレルギーなのでヘナで”とおっしゃる方もいます。
自然由来の成分を使ったヘアカラーであるヘナ。「アンフルラージュ」では、100%ナチュラルなヘナもご用意させていただいていますが、カラーのバリエーションが少ないこともあり、仕上がりへの満足感は低い…という声も聞かれます。

では、僕からのおすすめというと、それは93%自然由来の成分の「アヴェダカラー」と「ヘナ」で交互に染めること。
93%と高い割合で、植物やミネラルなどの、自然由来成分を使ったアヴェダカラーは、頭皮への刺激が少なく、肌がデリケートな方にもおすすめです。地肌につかないようにと、塗り方にも細心の注意を払いますが、「トラブルも出ず、発色がよくて艶やかで、白髪もキレイに染まる」と、敏感肌で悩みだったお客様からも好評です。カラーをカスタマイズできるので、流行やファッション、お好みに合わせたカラーを楽しめることも大きなポイントです。

ただ、すごくデリケートな方の場合、アヴェダカラーでも頻繁にカラーを続けていると、刺激に感じることもあります。でも、そんなときはヘナにチェンジ。頭皮の状態をチェックしながら、アヴェダカラーとヘナを交互に使うことで、頭皮のトラブルをより防ぐことができます。あるお客様は、現在はアヴェダカラー2回にヘナ1回のサイクルで、約4週間の一度ヘアカラーを楽しまれています。

今は研究や技術も進み、ヘアカラーもパーマも進化している時代。最初から「○○だから~」なんてあきらめないで。
僕でも、サロンのスタッフにでも気軽にご要望をお伝えください。一緒に悩みを解決して、キレイの楽しみ方を考えていきましょう。

© enfleurage All Rights Reserved.