マリメッコ展に行ってきました!

こんにちは。星野です。
先日、渋谷のBunkamura ザ ミュージアムに「マリメッコ展」を観に行ってきました。
フィンランドを代表するブランド「マリメッコ」は、1951年に、首都ヘルシンキで創業され、日本でもとても人気がありますよね。
今回の展覧会では、ヘルシンキのデザインミュージアムに所蔵されている作品の中から、
ファブリック約50点、貴重なヴィンテージドレス約60点、デザイナーの自筆のスケッチ等が、たくさん展示されていました。
私も「マリメッコ」が大好きなので、たくさんの大きなテキスタイルや、60〜70年代のヴィンテージドレスを間近で見られるなんて、
なかなかないことなので、とても感動しました。
ケシの花をモチーフした<UNIKKO ウニッコ>は、「マリメッコ」の代名詞ともいえる、とても有名な作品。とってもポップで可愛いですよね。
他にもいろいろステキな作品があるのですが、私が特に大好きなのは<SIRTOLAPUUTARHA シールトラプータルハ>という作品。
作品名には「市民菜園」という意味があり、草花をモチーフにした、大胆でイキイキとした線と細かなタッチ、
そしてグリーンとのコントラストがとても可愛くて、お気に入りです。
「マリメッコ」は服やカーテンのほか、いろいろなファブリック製品や食器などもあります。
皆さんも何かひとつでも「マリメッコ」の物をお持ちだったり、
北欧のインテリアや雑貨、食器に興味がある方は、ぜひチェックしてみてください。

UNIKKO ウニッコ
IMG_0667

SIRTOLAPUUTARHA シールトラプータルハ
IMG_0668

© enfleurage All Rights Reserved.