Beauty Column 無意識に表情が老けていませんか?

美容コラムを担当しています、美容ライターのKです。
こんにちは。

ひと昔前は、電車やバスなどでの移動時間には、
本や雑誌などを読んでいる人が多かったですが、いまは、圧倒的にスマホですよね。
先日、電車に乗っているとき、前の席にスマホをいじっている女性が座っていました。
スマホの画面を見る、その顔は、眉間にシワが寄っていて、口はへの字。
結構、美人のタイプの方だったので、「わ、なんだかもったいない…」と思ってしまいました。
自分自身も反省しなきゃなのですが、スマホをいじっているときって、
表情やしぐさが無頓着になりがちです。

あたりまえのようですが、その人の印象を決めるのは表情。
ニコニコ笑っている人なら「明るそう」「やさしそう」「幸せそう」など、好印象につながります。
そして、たとえシワやシミがあっても、それは大した問題ではありません。
イキイキと輝く表情のほうが、それらの欠点よりもずっと印象的だからです。

でも、不機嫌そうな表情は近寄りがたい雰囲気を作り、
さらには老けた印象につながってしまうことがあります。
どんなに肌や髪のお手入れをしていても、表情がこわばっていたり、怖そうだったりしたら、
それだけで魅力は半減してしまいます。

そして何よりも気をつけたいのは、不機嫌や怖い表情はクセになるということ。
眉間のシワやへの字の口を作るほうれい線が、くっきりと刻まれ、
いつの間には素の表情として貼りついてしまいます。

それって絶対にソンですよね。

常に周囲を意識している必要はありませんが、
何かに夢中になりすぎているときは、
ときどき、「いま、眉間にシワが寄っているかも?」と、
自分がどんな表情をしているのか思い出してみてください。
客観的な視点で自分を見ることは、キレイを磨く大切なポイントです。

くっきりとシワが刻まれてから、慌ててクリームを使うよりも、
まずは普段の表情をチェックを忘れないことが、
エイジングケアには有効です。

自分の顔、そしてキレイは自分が作ることを忘れないでくださいね。

© enfleurage All Rights Reserved.