ベネチア〜ローマ紀行

ランジェの星野です。

私は昨年の10月に遅い夏休みを使ってイタリア旅行に行ってきました。
行った都市はベネチアとローマです。どちらもそれぞれ良いところがたくさんで、とても刺激的でした。

中東のドーハで乗り継いで、ベネチアから入りました。ベネチアは水の都と言われる通り、どこから見ても、どこから写真を撮っても画になる素敵な街で、テーマパークのようでした。私はベネチアに行ったのは初めてでしたので、街並みが見えた時は感動してしまいました。

ベネチアの街には車が走っておらず(全ての移動手段は船かゴンドラです)、いたる所に水上バス乗り場があって、どこを旅行しても目に付いてしまうのは、歩いている人のへアスタイルとファッションでした。ヨーロッパの人たちの骨格はとても頭が小さくて、後頭部が出ていて絵に描いたような理想的な形です。だいたいの人がナチュラルウェーブがあり、無造作でキメすぎないのにカッコいい!!

ベネチアの「ロクシタン」に入って、とても可愛いヘアスタイルのスタッフさんがいたので、思わず私から声をかけてしまい、「日本でヘアスタイリストをしてるのだけど、とても素敵なヘアスタイルだから写真を撮らせて!」と言ったら、快く撮らせてくれました。

IMG_5198

街中はH&Mやブランドショップ、色々なお店がりましたが、ベネチアンガラスや、ベネチアのカーニバルで使用する、仮面だけのお店、観光客用のお土産屋もたくさんでした。

IMG_5199

IMG_5200

IMG_5201

ベネチアの人口は6万人で多い時には8万人も訪れるそうで、とてもロマンチックな景色がたくさんでした。今回は2日しか滞在できていないので、またリピートしたいと思います。

ベネチアからローマは列車で移動しました。フィレンツェとボローニャを通り、3時間かかりましたが、車窓から見える景色を見ていたらあっとゆう間にローマにつきました。

ローマはベネチアとはまた違った、歴史的な遺跡がたくさんありました。あえてその遺跡を残すのに、ローマでは2本の地下鉄しか走ってないそうで、移動手段は車、バス、バイク(べスパ!)と、とにかく交通量がとっても多い街でした。

有名な観光スポットはだいたい巡り、スペイン広場ではお約束の「ローマの休日」ごっこをしてきました。
ローマは革物、靴、バッグがとても安くて、デザインが可愛い。靴屋さんと革の工房がいたるところにあり靴好きな私にはぴったりでしたが、誘惑が多くて危険でした(笑)

IMG_5202

IMG_5204

街を歩く人たちもシンプルだけどかっこいい。
この仕事をするのには、やっぱり美しい物や人を見ることがとても刺激になるなと改めて実感しました。
イタリアはまた訪れたい国の一つになりました。

© enfleurage All Rights Reserved.